YouTube

【関わると危険】メンタルを保つために避けたい人の特徴

山本ゆうこ
山本ゆうこ
私自身、夢や目標を達成したい時は、自分のメンタルにめちゃくちゃ気を張ってます。そんな中で、関わってはいけない人に気をつけないといけないなと思うことがあります。

今回は、そんな関わってはいけない人の特徴をあげさせていただきます。

また、さらには関わってはいけない人との距離の置き方についてもお話できればと思います。

私は、自分で言うのもどうかなと思うんですが、比較的前向きな方かなと思ってて、

  • 基本元気でポジティブ
  • メンタルが安定してる

ただ、これはもともとそういう性格だったり、親がそんな風に育ててくれたからというのもあるとは思うんですけど、

プラスでやってることとして、メンタルを保つために、関わったらやばいなっていう人とはほどよく距離を置くようにしてます。

これはリアルで合う人ももそうだし、リアルで合わない人にもそうしてます。

ただ、これが私自身もともと上手く距離感が取れてたかというとそんなこともなくて。

今のノマドという働き方を選択したばかりの頃、いわゆる独立したての頃は、なんか違うなぁという人と上手く距離感を取れなくて、人間関係で悩んだこともありました。

人間関係で悩むということは、根本的に自分とは合わない人といるってことなんですよね。

そんな自分とは合わないなって思ってる人のことで悩んでた時に、友達に言われた一言があって、それをずっと今でも覚えてます。

「山ちゃんは、場所にも時間にも自由なノマドっていう働き方を選んでるんだから、人も選んだらいいのに。会社や組織で働いてないんだから選べるんだから自分次第やん」て言われて。

ほんとその通りだなって思って。フリーランスやノマドワーカーとして働いている人って、比較的周りの人間関係って選べると思います。

だからこそ、この人と関わるとちょっとやばそうだな、と思った時には距離を置くのがいいのかなと思います。

動画で見たい方は⬆︎YouTubeより、文章で読みたいなという方は⬇︎下記よりご覧ください。

関わるとやばい人の特徴

では実際に関わるとやばい人の特徴ですが、こちらです。

  1. 言葉遣いに違和感を感じる人
  2. 被害者意識が強い人
  3. 自分の感情をコントロール出来ない人

メンタルを安定させるためにも、この3つの特徴を持った人には気をつけた方がいいかなと思います。

1)言葉遣いに違和感を感じる人

これは私自身が気をつけてる部分でもあるので、他の人の言葉遣いが気になるということもあります。

以前、別の動画でもお話してるんですが、私は言葉の力ってすごく大きいなと思っていて、日々使っている言葉が現実を作ると思っていて、

自分自身でも口にする言葉ってすごく気をつけていて、なるべく自分も人も嫌な気持ちにならないような言葉を使いたいなと思ってます。

【やりたいことリスト100をつくる】夢や目標は具体的であればあるほど叶いやすい 私自身、海外を自由に旅をしながら仕事をしてる人に出会ったのがキッカケで、そんな生活を叶えたいと思ったのがキッカケでした。 ...

だからこそ、言葉遣いに違和感を感じる人がいると、それが耳に入らないようにします。

言葉使いに違和感を感じる人というのは、主にこんな人です。

  • 話し方が高圧的な人
  • ネガティヴな発言が多い人
  • 汚い言葉を使う人

SNSとかやってると、見たくなくてもたまに誰かのシェアとかリツイートで目に飛び込んでくることってあると思うんです。

私は、特に心が広いわけでもなくて、普通にイラっとしてしまうこともあるのでそっとミュートします。

イラっとしやすいからこそ、イラっとしない環境を作るように心がけてます。

2)被害者意識が強い人

被害者意識が強い人は、関わると面倒なこともあるので、なるべく距離を置くようにしてます。

これが何が面倒かというと、被害者意識が強い人って自分が被害者意識が強いことに気づいてないケースが多いからです。

基本的に身に起こるトラブルって、根本的に自分が原因だと思った方がいいです。

何か思うように物事が進まなかった時も

  • 自分が上手く伝えられなかったからこうなったのかな
  • 想定外すぎることが起きた時も、自分が見る目がなかったんだな

など、そう思わないとずっと同じ問題を繰り返してしまいます。

けど、被害者意識が強いとトラブルの原因は相手だと思い込んでるので、騙された裏切られたとか「〜〜された」という思考になってしまって、相手を攻撃してしまうこともあります。

そんな面倒なことに巻き込まれないためにも、被害者意識が強い人とは距離をおいた方がいいかなと思います。

3)自分の感情をコントロール出来ない人

感情がコントロール出来ない人は、喜怒哀楽の怒りや悲しいという感情の時に周りに感情をぶつけてしまいがちです。

喜びや楽しいという気持ちって、それは人に伝染してもいいものだと思うんですけど、悲しさや怒りってなるべく人に伝染しないようにしたいなって個人的には思います。

理由は、自分がされたら嫌だからです。

だから、私はイラっとしてもさっきみたいSNS上だとミュートしたり、リアルな場面では少し距離を置くようにしたりして、自分でコントロールするようにします。

けど、感情をコントロールできない人は、何か自分自身に悲しいことや怒りの感情が出てきた時に自分でコントロールできないので、制御不能で周りにぶつけてしまいます。

そもそも、SNSでもリアルの場でも感情をコントロールできない人だなって感じると距離を起きたくなりますね。

関わってはいけない人との距離の置き方

リアルな場でもSNS上などのオンライン上でも、どちらでも使える方法なんですが…

関わってはいけない人とは、文字通り関わらないようにすることです。

関わってはいけない人に、相手の行動を指摘して、話し合いをしようとしないことです。

人は基本的にコントロールできないし、そもそもされたくないからこそコントロールされようとしてるのを感じると抵抗の力が働きます。

リアルな場では、徐々に距離をとってそっとフェイドアウトしていくこと。

またSNSでは、もともと繋がってない人も繋がってしまってる人もミュートをして目に入らないようにすればいいかなと思います。

私自身、場所にも時間にも自由なライフスタイルを選択してるからこそ、人間関係も自由でありたいなと思ってます。

なんとなくこの人は好きだな、一緒にいて居心地がいいなと思う人といたいし、関わるとやばそうだなと思う人は、メンタルを保つためにも距離をおいて過ごしたいなと思います。

と今回は、メンタルを保つために避けたい関わると危険な人の特徴についてお話をしました。

こちらの特徴を持った人が、もし周りにいたら少しずつ距離をとってみてください。

無料のFacebookグループ「55倶楽部」

夢や目標に向けて走る仲間が集まる55(ごーごー)倶楽部というFacebookグループをやってます。

自分自身の日々の行動量を上げるために、その日の作業内容と翌日の行動をコミットする日報を毎日投稿しています。また日報以外でも、日々の気づきや学びなんかをシェアしてます。

主に投稿しているのは、下記のような内容です。

  • 毎日の作業内容(ノマドカフェopenに向けて)
  • 旅先で感じたこと
  • Web集客についての気づき
  • 目標を達成するためのマインド

 

お互いに日報を報告しあったり、目標に向けて走る仲間を応援しあったりしているグループです。無料でご参加いただけるので、興味がある方はぜひ詳細をご覧ください^^

55倶楽部の詳細はこちら