ベトナム

プライベートビーチが最高!ダナンのゆったり出来るお手頃リゾートホテルに泊まってみた。

山本ゆうこ
山本ゆうこ
「ダナンのビーチ沿いでゆったりできるリゾートホテルはどこかないかなぁ?出来ればお手頃価格だとうれしい…!」

そんな人にオススメしたいのが、今回紹介するCentara Sandy Beach Resort Da Nang (センタラ サンディ ビーチ リゾートダナン)です。

ダナンの中でもゆったり出来るノンヌォックビーチ沿いにあるリゾートホテルです。

ベトナムのダナンはリゾート地としても有名ですが、そんなダナンにはミーケビーチとノンヌォックビーチという2大ビーチがあります。

ミーケビーチはダナンの中心部の近くで、観光客や現地の人たちで賑わっています。

海沿いにはたくさんお店もあり、食事に困ることもありません。

またビーチアクティビティも盛んなので、ボディボード、パラセーリングなんかもできます。

逆にゆったりと過ごしたい人には、ノンヌォックビーチがオススメです。

ミーケビーチから車で10分くらい離れた場所にありますが、ガラッと雰囲気が変わります。

ノンヌォックビーチ周辺は高級リゾートホテルが開発されているエリアで、ビーチのほとんどがホテルのプライベートビーチとなっています。

パリピたくさんの賑やかなビーチが苦手なので、プライベートビーチが最高だなと感じる滞在でした。

ちなみに高級リゾートホテルといってもベトナムということもあり、日本の高級ホテルに比べると3分の1〜5分の1程度の値段で宿泊できます。

Centara Sandy Beach Resort に泊まってみた

今回泊まったのが、Centara Sandy Beach Resort Da Nang (センタラ サンディ ビーチ リゾートダナン)です。

ノンヌォックビーチの中でも、ホイアン寄りの外れの方にあるホテルで周りには何もないため、ホテルでの時間をゆっくり過ごすのがオススメです。

ホテルのロビーは吹き抜けになっていて開放感があり、リゾートにやってきた!!という雰囲気が満載。

まずはウェルカムドリンクが出てきます。

ただ、なんというか独特のハーブの香りがきつくて、薄荷のような香りがするドリンクで、私は口に合いませんでした( ;∀;)

センタラサンディビーチリゾートでは、1棟ずつ独立したヴィラのタイプになっているので、受付が終わるとカートで移動になります。

今回は2名分の荷物があったため、2人がかりで案内をしてくれました。

お2人はお付き合いされているのかな?と思うほど、仲良しで微笑ましかったです。

ヴィラに到着!

客室は2タイプあって、ガーデンに点在するバンガローのようなお部屋と、最近新しくできたオーシャンビューのお部屋があります。

今回はガーデンビューのお部屋に宿泊しました。

ガーデンビューの部屋の中はこんな感じ

そこまで広くはないですが、窓からは日差しと外の緑がキレイで気持ちいい空間。

デスクと椅子は簡易的なものがあります。

部屋の外には、ちょっとした庭になっているスペースもあります。

ただ庭のすぐ先はカートが通る道路なので、施設内を歩く宿泊者の方もいてくつろぐのは難しいかもしれません。

お水は洗面所に小さいペットボトルが2本+冷蔵庫のミニバーに1本ありますが、ホテルの周りにはお店がほとんどないため、大きいペットボトルを滞在日数に合わせて持ってきておいてもいいかもしれません。(ただ大きいペットボトル、冷蔵庫に入らないけど・・・)

ホテルの受付は英語があまり通じないため、お水を持ってきて欲しいと伝えてもなかな伝わらず、最終的にはホテルのレストランにお水を買いに行きました。

お水をよく飲む族にとっては、ホテルに付属のお水はとっても貴重です。

またバスタブがついてるお部屋は少ないみたいで、ガーデンビューの部屋はシャワーのみでした。

アメニティも必要最低限のものだけなので、女性であれば持参した方が良さそうです。

ウェルカムフルーツが美味しすぎる

ちなみにチェックインをしてゆっくりしていると、ウェルカムフルーツとして見たことのないような果物が運ばれてきました。

スタッフの方に「この果物はなんていうの?」と聞いてみたところ、「ベトナムネーム イズ ヤーン」とのこと。

最初食べ方も分からず恐る恐る剥いてみたところ、ライチのように皮がスルッと剥けました。

食感は完全にライチですが、味は梨!

このヤーンが想像以上においしかったです。

ちなみに日本語では竜眼(リュウガン)というみたいで、東南アジアではよく食べられるフルーツみたいです。

→宿泊予定日の料金&空室状況をCheckしてみる

ホテル内にはレストランが2つある

センタラサンディビーチリゾート内には、レストランが2つあります。

ロビーの奥にあるガーデンを眺められるレストランと、海とプールが眺められるレストランです。

チェックインの後にランチをしたかったのですが、海側のレストランは軽食のみでガーデン側レストランが食事があったので、ガーデンのレストランを利用してみました。

ガーデンのレストランは、外の風が感じられて開放感のある気持ちのいい空間です。

ベトナム料理がメインになっているようです。

イカの入ったサラダと春巻き、おいしかったです!

プライベートビーチでゆったり過ごすのがオススメ

センタラサンディビーチリゾートの中でも、一番のオススメはビーチエリアです。

先ほどのレストランから徒歩1分くらい施設内を歩いていると、海辺に出られる道があります。

いざ、海へ!

ホテルのプライベートビーチというだけあって、人も少なくてゆっくり過ごすには最高の環境です。

ダナンは夕焼けと朝焼けが必須とのことで、夕方までビーチでゆっくり。

すると…

空の色がだんだんとピンク色にそまっていく。。

ダナンの空は、淡い水色とピンク色が混じったような色合いでとっても優しい夕焼けでした。

そして翌日は朝5時に起きて日の出を見に!

日の出もまた淡い色の空がとってもキレイで、人も少なくて波の音だけが響わたる空間がとっても心地よかったです。

ビーチにはカサつきの椅子がいくつもあるので、寝そべって海を眺めることも出来ます。

早朝のダナンの空は、昔流行ったミルキーペン(昭和必須)の色のようなとっても淡い色あいで、眺めているだけでもただただ癒されました。

ミーケビーチの賑やかな感じもいいけど、ゆっくりとした時間を過ごしたい人にはノンヌォックビーチのリゾートホテルもオススメです。

Centara Sandy Beach Resort Da Nang の宿泊料金

今回泊まったセンタラサンディビーチリゾートですが、ノンヌォックビーチ周辺の高級リゾートホテルの中ではかなりお手頃な値段でした。

日本の5つ星に比べるとダナンの高級リゾートホテルはかなり安くはなりますが、それでも1泊2〜5万円ほどするホテルがほとんどです。

その中でもセンタラサンディビーチリゾートでは、1泊1万円前後で宿泊出来ます。

もちろんその分、アメニティが必要最低限のものだったり、バスルームがなかったりしますが、施設内にはプールが2つ、プライベートビーチもあり、ただただゆっくりしたい人には充分な設備も整っているかと思います。

ただダナンのホテルは、予約状況によっては料金が高くなる&人気のホテルは予約が早く埋まってしまうので、宿泊予定日が決まっている人は早めに予約サイトをチェックしておきましょう。

山本ゆうこ
山本ゆうこ
また、ホテルは予約サイトによって宿泊料金が1,000円以上異なるケースもあるので、ホテル比較サイトで料金をチェックしてから予約を進めるのがオススメです!

→センタラ サンディ ビーチ リゾートダナンの最安値をCheckして予約する

Centara Sandy Beach Resort Da Nang の詳細

ホテル名Centara Sandy Beach Resort Da Nang (センタラ サンディ ビーチ リゾートダナン)
住所21 Trường Sa Road Ward, Hòa Hải, Đà Nẵng, Hòa Hải 550000 ベトナム
宿泊料金1泊8,500円〜
アクセスダナン国際空港よりタクシーで20分
チェックイン・チェックアウトチェックイン15:00、チェックアウト11:00
ホテルの設備Wi-Fi無料、ヘアドライヤー、バスタオル・フェイスタオルあり、スリッパ、シャワー、トイレ、ハウスキーピング(毎日)、セーフティボックス、荷物預かり、24時間フロント対応、薄型TV、サウナ、プール、プールサイドバー、プライベートビーチ、サウナ、マッサージ、空港送迎
Facebookグループ「55(ごーごー)倶楽部」

Facebookグループで、夢や目標に向けて走る仲間が集まる55倶楽部をつくっています。

自分自身の日々の行動量を上げるために、作業量と翌日の行動をコミットする日報を毎日投稿しています。また日報以外でも、サイト作成の中での気づきや旅先でのノマド事情についてもシェアしています。

主に投稿しているのは、下記のような内容です。

  • 毎日の作業内容(主にサイト作成)
  • 作成しているサイトのシェア
  • 外注マニュアルのシェア
  • サイト作成での気づきのシェア
  • 旅先でのノマド事情や生活事情

 

お互いに日報を報告しあったり、目標に向けて走る仲間を応援しあったりしているグループです。

55倶楽部の詳細はこちら