日本

那覇で最高にオシャレなゲストハウスThe Kitchen Hostel Aoに泊まってみた。

山本ゆうこ
山本ゆうこ
「那覇でおしゃれなゲストハウスってどこかないかなぁ?」

そんな人にオススメしたいのが、今回紹介するThe Kitchen Hostel Ao(ザ・キッチンホステルアオ)というゲストハウス。

那覇で一番おしゃれなゲストハウスなんじゃないかと思うほど😳

最近はカプセルホテル&ゲストハウス巡りにハマっていて、世界各地のゲストハウスを巡ってます。

今回やってきたのが沖縄の那覇。那覇にもゲストハウスがあるのかな?と不安だったのですが、ホテルの予約サイトで探していたところ、沖縄感が満載のすっごくオシャレなゲストハウスがありました…!

しかも那覇の中でも、メインのエリアである国際通りからもスグというアクセスのよさ。

The Kitchen Hostel Ao(ザ・キッチンホステルアオ)というゲストハウスですが、1週間前に予約サイトを見ていたら残り1室となっていたので慌てて予約を取りました。

そんなザ・キッチンホステルアオについて紹介していきたいと思います。

貸し出しのアメニティが充実してる

今回宿泊したザ・キッチンホステルアオですが、チェックイン受付の手前に貸し出しOKのアメニティが置いてあるのですが、これだけあれば困らないだろうというくらい内容が充実しています。

歯ブラシセット、カミソリ、洗剤をはじめ

沖縄ならではの足ひんやりシートやコンタクトの人にはうれしい洗浄・保存液ケースも!

またボディタオルがあるのもうれしいい🙏

共有スペースは集中して仕事ができる環境

ザ・キッチンホステルアオでは、1階に宿泊者が利用できる共有スペースがあります。

Wi-Fiはパスワードなしで利用できる、「Okinawa free de wifi」というWi-Fiなので、不安な人は自分のポケットWi-Fiかスマホのテザリングを利用してもいいかもしれません。

ちなみにOkinawa free de wifiを繋いでみたのですが、速度も早く画像のアップロードなんかもストレスなくサクサク利用できました。

電源コンセントも完備されているので、PC作業にもピッタリな環境です。

男女ごとに部屋が分かれてるので女性一人でも安心

宿泊スペースは2階エリアにあります。

2階にもちょっとした共有スペースがあり、友達同志で来ている人たちがおしゃべりできるようになってます。

ちなみに宿泊者が感想を書いてるノートも置いてました。

全体的にレトロな雰囲気と沖縄っぽいビーチの雰囲気がマッチしてて、すごくオシャレな雰囲気…!

男性の宿泊エリアは階段を登って右側に。

女性の宿泊エリアは階段を登って左側にあります。

4名・6名グループで利用できる個室もある

ちなみに4名または6名グループで貸切で利用できる個室もあります。

男女混合で利用できるので、友達同士やファミリーで利用するのにピッタリ٩( ‘ω’ )و

周りの宿泊者を気にしなくてもいいので気楽な感じで利用できて、かつ宿泊費を安く抑えることができます。

 ちょっとしたテーブルもあるのもうれしいところ!

カプセルのベッドにこだわっていて寝心地が抜群

今回泊まったのは女性専用エリアのドミトリータイプの部屋です。

宿泊スペースも全身鏡が置いてたり、ところどころにソファがあってくつろげます。

このデニムのソファがすごくかわいくて、家にも欲しいなと思ってしまう😳

ドミトリーは男女合わせて94室とかなり多いです。

ドミトリーの中はベッド一個分の大きさくらい。枕以外にもクッションが2つあるので枕の高さの調整に使えそう。

電気はONかOFFかのライトなので、明るさを調整することはできません。

枕元にある電源コンセントは、通常の電源タイプが2つとUSBタイプが2つあるので、スマホ、PC、カメラ、携帯充電バッテリーなど充電したいものが多い族には助かる🙏

ちなみに、通常のドミトリーのベッドは固くて寝心地がいいとは言えないところも多いと思うのですが、ザ・キッチンホステルアオでは寝疲れしないIDC大製のポケットコイルマットレスを導入しているので、ベッドが固くて寝付けないということもありません。

さらに、掛け布団も肌触りが心地よい心斎橋西川製のお布団など寝具にこだわってるのがうれし過ぎるポイント。

→宿泊予定日の料金&空室状況をCheckしてみる

最低限必要な設備も充実していてすごく便利

宿泊エリアにはスーツケースが入る大きさのロッカーもあるので、大きい荷物はロッカーに付ければベッドスペースも広く使えます。

またロッカーの奥にはランドリーも完備されてます。

乾燥機と一体型になっている洗濯機も3台あり、受付で声をかえれば有料ですが利用できます。

自動販売機時もあって、沖縄ならではのさんぴん茶もある…!

ゴミ箱もおしゃれ。燃えるゴミと燃えないゴミ

シャワールーム・パウダールームの数が多い

シャワールームとパウダールームも宿泊エリアと同じフロアにあります。

パウダールームの水道とドライヤーは全部で9個。これだけあれば混み合う時間帯でも待つことなく使用できます。

またパウダールームの向かいにはお手洗いが同じく9個。

扉のイラストもオシャレで、一つひとつがすごくかわいいいい。

シャワールームは7個とこちらも数が多め。

ただ、着替える場所がそれぞれのシャワールームに対してあるわけではないので、完全プライベートな空間ではありません(;へ:)

朝食は500円でタコライスが食べれる

予約をする時に朝食プランを選べば、ビュッフェ形式の朝食が食べられます。

ちなみに予約時に朝食プランにしていなくても、追加料金500円で朝食をつけることもできます。

500円ですが、内容は充実していて、、

野菜がたっぷり入ったコンソメスープ

またセルフでタコライスを作れるようになっていて、ライス、ひき肉、レタスを、チーズなどを盛り付けてmyラコライスを。

またパンやワッフルもあり、ワッフルにはメーブルシロップ、チョコレートソース、フルーツがあるので好きに盛り付けができます。

朝はジュースがずらっと並んでます。オレンジジュースやパインジュース、さんぴん茶に烏龍茶も。

またスタッフさんに声をかければホットコーヒーもいただけます。

ザ・キッチンホステルアオの宿泊料金

今回宿泊したザ・キッチンホステルアオですが、1泊3,320円(別途朝食で500円)でした。

那覇のドミトリーは2,000円代〜泊まれるところもありますが、ザ・キッチンホステルアオは那覇の中でもオシャレ度がかなり高く、清潔感もあって女性一人でも安心して泊まれるゲストハウスです。

なるべく安く宿泊費を抑えながら、けどオシャレなゲストハウスに泊まりたいという人にはザ・キッチンホステルアオはオススメです。

ちなみに那覇のゲストハウスやホテルは、予約状況によっては料金が高くなる&人気のホテルは予約が早く埋まってしまうので、宿泊予定日が決まっている人は早めに予約サイトをチェックしておきましょう。

山本ゆうこ
山本ゆうこ
また、ホテルは予約サイトによって宿泊料金が1,000円以上異なるケースもあるので、ホテル比較サイトで料金をチェックしてから予約を進めるのがオススメです!

→ザ・キッチンホステルアオの最安値をCheckして予約する

ザ・キッチンホステルアオの詳細

ホテル名The Kitchen Hostel Ao(ザ・キッチンホステルアオ)
住所沖縄県那覇市久茂地1-4-1
宿泊料金1泊2,658円〜
アクセスゆいレール「県庁前駅」より徒歩にて約5分
電話番号098-863-8156
チェックイン・チェックアウトチェックイン15:00、チェックアウト11:00
ホテルの設備Wi-Fi無料、ドライヤー、洗浄機付トイレ、ボディソープ、シャンプー・リンス、タオル,、共有スペース、自動販売機

👇沖縄から飛行機で1時間の石垣島のゲストハウスもこちらの記事でまとめています

あわせて読みたい
女性一人旅にもおすすめしたい!石垣島のおしゃれなゲストハウス3選 せっかく石垣島に来たのだから、リゾートホテルに泊まりたいけど1泊2〜3万円はちょっときついよ(;へ:) そんな人は、ゲスト...
Facebookグループ「55(ごーごー)倶楽部」

Facebookグループで、夢や目標に向けて走る仲間が集まる55倶楽部をつくっています。

自分自身の日々の行動量を上げるために、作業量と翌日の行動をコミットする日報を毎日投稿しています。また日報以外でも、サイト作成の中での気づきや旅先でのノマド事情についてもシェアしています。

主に投稿しているのは、下記のような内容です。

  • 毎日の作業内容(主にサイト作成)
  • 作成しているサイトのシェア
  • 外注マニュアルのシェア
  • サイト作成での気づきのシェア
  • 旅先でのノマド事情や生活事情

 

お互いに日報を報告しあったり、目標に向けて走る仲間を応援しあったりしているグループです。

55倶楽部の詳細はこちら