タイ

Ai Pai Hotelに泊まってみた。アンティークな雰囲気のリゾート空間がかわいすぎる…!

山本ゆうこ
山本ゆうこ
「パーイに行くのだけど、どこかリゾート風のホテルでオシャレなところはないかなぁ?」

そんな人におすすめしたいのが、パーイの中でも中心エリアにあるのにリゾート感が満載のAi Pai Hotelです。

ただのリゾートというよりもアンティークな雰囲気のインテリアがとってもオシャレでかわいいので、女性におすすめしたいホテルです。

チェンマイからバスで3時間ほどで行けるパーイという街ですが、もともとホテルの価格がとっても安いと言われているチェンマイよりもさらに安いのが特徴的なパーイのホテル。

日本では1泊4〜5万円はしそうなホテルでも1泊1万円以下で泊まれてしまいます。

そんな中でもパーイの中心エリアにありアクセスもとっても便利なのに、リゾート気分を味わえるホテルがあります。

それが今回紹介するAi Pai Hotelです。カラフルなガラスのインテリアにアンティーク調のインテリアがとってもおしゃれで、女性一人旅やカップル・夫婦旅で利用するのにもおすすめです!

パーイでおしゃれでかわいいホテルを探しているという人は、ぜひ参考にしてみてください。

バスターミナルから徒歩5分とアクセスも便利

パーイの中心エリアは、チェンマイからのバスが停まるバスステーションの周辺なのですが、Ai Pai Hotelもまさにその中心エリア。パーイのバスステーションから徒歩5分の場所にあります。

あわせて読みたい
チェンマイからパーイへの行き方。バスターミナルでミニバンに乗れば3時間で到着するよ! 私自身チェンマイが大好きで、かれこれ7回以上はチェンマイに滞在しているのですが、チェンマイ好きな人から必ず聞くのが「チェンマイか...

パーイではタクシーやソンテウ(タイで主流の乗り合いタクシー)などをほとんど見かけません。

そのため、パーイで中心エリア以外に行きたい場合はレンタルバイクを借りることになりますが、バイクが乗れないという人は自転車での移動もしくは、中心エリアだけを周ることにして中心エリアのホテルに滞在するのもいいかもしれません。

山本ゆうこ
山本ゆうこ
個人的には、パーイは交通量も少なく田舎道なので原付で風をきって走るのが最高に気持ちいいのでは?と思うのですが、もしそうもいかないよという人はAi Pai Hotelにぜひ。

市街地の中にあるのに静寂なリゾート空間

ちなみにパーイの中心エリアは、カフェや雑貨やさんも多く比較的賑わっているエリアではありますが、それでもチェンマイやバンコクに比べると人が少なくて落ち着いた雰囲気です。

夜はナイトマーケットも開催されてますが、300mもない距離にお店が並んでいるのであっという間に見終わります。

ちなみにパーイでは街中の至るところに犬がいて、道路で犬が寝っ転がってるのは日常茶飯事。

そんなパーイの中心エリアですが、Ai Pai Hotelはメイン通りからほんの少し入り込んだ場所にあるため周りも静かでさらに落ち着いた雰囲気。

特に5〜10月のタイのオフシーズンであれば、泊まっている人も少ないのでゆったり落ち着いて過ごすことができます。

市街地にあるのに静寂なリゾート空間が味わえるのは、きっとここだけかなぁと思います。

1階の部屋はプールと直結でとっても便利

また、個人的にAi Pai Hotelに惹かれた一番に理由が、ホテルの部屋とプールが直結しているというところです。

普通ホテルのプールに行くには、部屋で水着に着替えてガウンを羽織ってプールのある場所まで移動しないといけないと思うのですが、Ai Pai Hotelでは1階の部屋はプールに直結しているのです。

こんな風にプールサイドに各部屋のドアがあるので、水着に着替えて窓の外にあるプールにダイブすることができます…!

プール付きのホテルに泊まるものの、面倒でなかなかプールに行かないという人も多いかもしれませんが、Ai Pai Hotelなら部屋直結なのできっとプールに入り放題。

また泳ぎ疲れたら、部屋とは逆サイドにあるソファベッドでゆったりくつろぐこともできます。

これだけでも、ここのホテルに泊まってよかったなぁぁと思えます。

お部屋はデザインはアンティーク調でかわいい

ちなみにお部屋の中は、カラフルな窓ガラスがとってもかわいいアンティーク調のおしゃれな雰囲気です。

こじんまりとしていますが、一人旅やカップル旅であればこれくらいの広さでも十分かなと思います。

入り口付近にはドレッサーがあり、ベッドの手前にはデスクと椅子もあります。

ドレッサーの机の上には、コーヒーメーカーも用意されています。

湯沸かしポットはお湯を沸かすとアルミの面が熱くなるので要注意…!

またデスクの下にはミニバーもあります。

そしてクローゼットの中には、プールサイドでくつろぐ時に必須のガウンも用意されてます。泳いでは寝て泳いでは寝て…みたいな無限ループができるしあわせ。

→宿泊予定日の料金&空室状況をCheckしてみる

広いバスタブもあって水回りも快適

また部屋の中には、窓ガラスで仕切られている開放感溢れる(?)バスタブもあります。

足を伸ばしても広々としてるのでゆっくりお風呂につかりたい人にはピッタリ。

ちなみに、開放的すぎるわ!という人は外からカーテンを閉めることもできるので安心を。

洗面台も清潔感があり、女性も安心して利用できるかなと思います。

また最低限のアメニティ(綿棒、シャンプー、コンディショナー、歯ブラシセット、シャワーキャップ)などは用意されています。

朝食はプールサイドでビュッフェ形式でゆったりと

Ai Pai Hotelでは、朝食はプールサイドのレストランでビュッフェが用意されています。

サラダやフルーツをはじめ、パン、お粥、タイ料理など様々な種類の料理が用意されてるので、朝からプールサイドでゆったりと朝食を楽しめます。

Ai Pai Hotelのつらかったポイント

これだけ素敵なAi Pai Hotelですが、一点だけつらかったっポイントがあります。

それが部屋の中に小さなアリが大量にいたこと…

もしかしたら私が泊まってた部屋だけ(もしくはその日だけ)かもしれないのですが、大量にアリがいてスーツケースに入れてたプロテイン(ココア味)をめがけてスーツケースに入り込んできていました。

部屋の中でスーツケースのアリを見た瞬間に”声にならない声”が出て必死にアリを追い払いました。

Ai Pai Hotelの宿泊料金

そんなAi Pai Hotelですが、1泊8,700円でした。プールに直結のお部屋、さらには広めのバスタブ&朝食ビュッフェ付でこの値段はかなり安いなぁと思います。

チェンマイだと感覚的に1〜13,000円はしそうかなと思います。ちなみにプール直結の部屋でなければ3,000円台で泊まることもできます。

ただ、時期によっては料金が高くなる(パーイは特に年末年始はホテルが高め)&予約が早く埋まってしまうので、宿泊予定日が決まっている人は早めに予約サイトをチェックしておきましょう。

山本ゆうこ
山本ゆうこ
また、ホテルは予約サイトによって宿泊料金が1,000円以上異なるケースもあるので、ホテル比較サイトで料金をチェックしてから予約を進めるのがオススメです!

→Ai Pai Hotelの最安値をCheckして予約する

Ai Pai Hotelの詳細

住所
アクセスパーイバスターミナルから徒歩5分
宿泊料金3,683円〜
チェックイン・チェックアウトチェックイン14:00、チェックアウト12:00
ホテルの設備Wi-Fi無料、ドライヤー、洗浄機付トイレ、ボディソープ、シャンプー・リンス、バスタオル、タオル、スリッパ

👇どこよりも詳しい情報をまとめたチェンマイ(パーイからバスで3時間)のガイドブックも作ってます!

NOMAD TRIP 観光一切なしのチェンマイ旅

NOMAD TRIP 観光一切なしのチェンマイ旅

山本ゆうこ
発売日:2018/07/17
Amazonの情報を掲載しています

👇ガイドブックの詳細はこちらにまとめてるので、ぜひCHECKしてみてください😊

あわせて読みたい
”観光一切なしのチェンマイ旅のガイドブック”をAmazonより出版しました!2018年7月19日(木)に「NOMAD TRIP〜観光一切なしのチェンマイ旅〜」というガイドブックを出版しました…!! 2014...
Facebookグループ「55(ごーごー)倶楽部」

Facebookグループで、夢や目標に向けて走る仲間が集まる55倶楽部をつくっています。

自分自身の日々の行動量を上げるために、作業量と翌日の行動をコミットする日報を毎日投稿しています。また日報以外でも、サイト作成の中での気づきや旅先でのノマド事情についてもシェアしています。

主に投稿しているのは、下記のような内容です。

  • 毎日の作業内容(主にサイト作成)
  • 作成しているサイトのシェア
  • 外注マニュアルのシェア
  • サイト作成での気づきのシェア
  • 旅先でのノマド事情や生活事情

 

お互いに日報を報告しあったり、目標に向けて走る仲間を応援しあったりしているグループです。

55倶楽部の詳細はこちら