タイ

フォトジェニックが激し過ぎるバンコクのナイトマーケット【タラート ロットファイ ラチャダー】

今回、バンコクからチェンマイに寝台列車で行くにあたって、電車の出発までに少し時間があったので、寝台列車が発車するフワランポーン駅から電車で9駅(約17分)の場所にあるナイトマーケットに行ってきました。

バンコクからチェンマイの寝台列車については、別の記事でまとめています。

あわせて読みたい
バンコクからチェンマイに寝台列車に乗ってみた【チケットの予約方法から乗車体験まで】 バンコクからチェンマイはいつも国内線の飛行機を使ってたのですが、寝台列車でも行くことが出来ると聞いて気になってたので、今回は寝台...

ナイトマーケットそのものも活気があって楽しかったのですが、それ以上にフォトスポットが心の底からおすすめです。

フワランポーン駅からナイトマーケットへのの行き方

もし私と同じように寝台列車までの空き時間にナイトマーケットへ行く場合、電車がおすすめです。

バンコクではUBERやタクシーも安いのですが、夕方や夜は渋滞がすごいので、寝台列車までの時間などの限られた中では電車の方が安心です。

タイの電車の乗り方は、日本とそこまで大きな差はありません。

一番右がフワランポーン駅ですが、ナイトマーケットのある駅は「Thailand Cultural centre(タイカルチャーセンター)」駅です。

フワランポーン駅から9駅目の35と上に書いている駅です。

ナイトマーケットはThailand Cultural centre駅から徒歩3分ほどです。

バンコクの電車に乗ってみよう

画面がタッチパネルになっているので目的地の駅名を押すと、料金が表示されます。

さっき35と出ていたのは電車の料金で、Thailand Cultural centre駅までは35バーツ(約100円)です。

すると、切符ではなく黒いプラスチックのコインが出てきます。

このコインを駅のホームに入る時に、右上に見える場所にかざすとゲートが開きます。

大切なコイン、ぎゅっと握りしめるかポケットの奥の方にしまっておきましょう。

電車の中はこんな感じです。

次の駅はどこかなどアナウンスがあったり、日本の電車みたいに上の方にディスプレイがあります。

到着したら穴にコインを入れるとゲートが開きます。

ナイトマーケットは3番出口とのことなので、案内に従って3番出口にひたすら進みます。

タラート ロットファイ ラチャダーに行ってみよう

3番出口を出ると、左手にエスプラネードという大きなショッピングモールが見えてきます。

そのショッピングモールの手前の道をまっすぐ進んでいくとナイトマーケットが見えてきます。

2015年に新しく出来たナイトマーケット

タラート ロットファイ ラチャダーは、2015年に出来た新しいナイトマーケットということもあって、すごくオシャレな雰囲気です。

アンティーク、レトロ、ビンテージがコンセプトになっているので、そんな雰囲気が好きな人にはグッとくる場所だと思います。

平日の夜に行ったのですが、すごく賑わってました。

フォトジェニックが激しすぎる場所がある

ちなみにここのナイトマーケットは、フォトジェニックが激しいスポットがあります。

それは先ほどのエスプラネードという大きなショッピングモールの駐車場の最上階からのナイトマーケットが、宝石箱をひっくり返したような光景となっているようです。

山本ゆうこ
山本ゆうこ
そんな光景…せっかくだし見てみたい!

駐車場はナイトマーケットとショッピングモールの間にあるので、スグに見つけられると思います。

最上階は意外と高く、上まで登るのにかなり息切れします。

4Aが一番上ですが4階というよりも7~8階階段を登った気がします。。

けど息切れをしながら登った先には…

ふわああああああああああああああああ

きれいすぎる……

一人言をめったに言わないタイプですが、「うわあああ」と声が出てしまうほどでした。

ナイトマーケットの活気がこんなカラフルに映えるなんて、バンコクも粋な国や。

もしバンコクでフォトジェニックスポットを探している人は、タラート ロットファイ ラチャダーはぜひぜひオススメです!

山本ゆうこ
山本ゆうこ
本当は1人じゃなく、誰かと見たかった。。

👇どこよりも詳しい情報をまとめたチェンマイ(バンコクから飛行機で1時間)のガイドブックも作ってます!

NOMAD TRIP 観光一切なしのチェンマイ旅

NOMAD TRIP 観光一切なしのチェンマイ旅

山本ゆうこ
発売日:2018/07/17
Amazonの情報を掲載しています

👇ガイドブックの詳細はこちらにまとめてるので、ぜひCHECKしてみてください😊

あわせて読みたい
”観光一切なしのチェンマイ旅のガイドブック”をAmazonより出版しました! 2014年11月に場所にとらわれない自由な働き方がしたいと思い”ノマドというライフスタイル”を目指して1年、その夢を叶えるために...
「ノマドになりたい人向けContents」

ノマドとして働きたいけど何をすればいいか分からないという人に、3つのContentsを用意しました。

  • ノマドになるためのStepメールマガジン
  • 55倶楽部(Facebookグループ)
  • Skypeによるオンライン相談

 

詳しくまとめた内容は、下記のリンクよりご覧いただけます。メールマガジンと55倶楽部は無料でご参加いただけるので、ぜひ覗いてみてもらえたらうれしいです。

詳細はこちら