ノマドワーカー

ノマドワーカーな私の1日のスケジュールを紹介してみる(日本編&海外編)

山本ゆうこ
山本ゆうこ
ノマドワーカーとして働き始めて3年が経ちます山本です、こんにちは!

拠点は岡山ですが、月に1度は東京・大阪や海外にふらっと出かけることも多く、出かけた先のカフェなんかで仕事をすることも多いです。

ノマドワーカーといえば、時間や場所にとらわれることなく、好きな時に好きな場所で仕事をすることができます。

そのため1日のスケジュールってどんな感じなんだろう?と疑問を持つ人も多いかもしれません。実際に私も「やまもっさん毎日何してるんですか?」と聞かれることもあるので、、

「ノマドワーカーってどんなスケジュールなの?」「海外ではどんな風に仕事をしてるの?」という疑問に答えていきたいと思います。

私自身、東京や大阪は仕事の打ち合わせで行くことが多く、海外は特に予定があるというよりもふと思い立って出かけることが多いです。

そのため国内編と海外編に分けて、ノマドワーカーとして働いている私のスケジュールを紹介したいと思います٩( ‘ω’ )و

ノマドワーカーは曜日感覚がなくなってしまう

ノマドワーカーの1日のスケジュールの前に、「1週間のスケジュール」を紹介しようと思ったのですが、ノマドワーカーとして働いていると曜日感覚が全くといっていいほどなくなります。

会社員として働いていれば月曜日〜金曜日は出社をして土日は休みというルーティンがありますが、ノマドワーカーの場合は自分が好きなタイミングで仕事をしているという人も多く、さらには曜日で仕事をしていないため曜日が分からなくなってしまいます。

ノマドワーカーあるあるとして、「今日何曜日だっけ?」と周りの人に聞いても「あれ?何曜日だっけ…」と確実な回答がかえってこないことがよくあります。。

そのため、1週間のスケジュールを紹介するのは難しそうだったので、1日のスケジュールを紹介したいと思います。

ノマドワーカーの1日のスケジュール(日本編)

日本編のスケジュール紹介ですが、東京で仕事の打ち合わせや同じ仕事をしている仲間とのシェア会があった日のスケジュールを紹介したいと思います。

1〜2ヶ月に1度は東京にくることがあるのですが、東京ではカフェを移動しながら仕事をしたり、ノマド仲間とコワーキングスペースなどでPC作業をしたりすることが多いです。

また滞在先は、東京のホテルは1泊1万円前後することも多いので、基本的にカプセルホテルやホステルに宿泊することが多いです。

では、そんな東京での私の1日のスケジュールを紹介します!

7時:起床

起床時間は日によって多少異なるのですが、6〜8時の間にはいつも起床しています。この日は新大久保のカプセルホテルに宿泊していたので、朝ごはんは食べずそのまま身支度をしてホテルの共有スペースへ。

8時〜9時半:仕事

最近のカプセルホテルやホステルでは共有スペースがカフェのようになっていて、Wi-Fiや電源コンセントが自由に使えるところが多いので、午前中は共有スペースで仕事をすることも多いです。

11時:ランチ

この日は渋谷で予定があったので、渋谷に移動をしてランチTIME。牛カツ定食です!牛カツって最初の数枚はおいしいけど、永遠には食べ続けられないね、歳かな。

12時〜だとお店も混んでしまうので、少し早めのお昼ご飯。人混みから避けられるのも、ノマドワーカーの特権です(`・ω・´)

12時:カフェで仕事

13時から仕事の打ち合わせがあるので、それまでの時間は近くのカフェでまたまた仕事。「TABI CAFE」というノマドカフェを集めたメディアも運営しているので、新しいカフェを見つけると入りたくなってしまって少しの時間でも入ってしまいます。

13時:ASPさんと打ち合わせ

13時〜14時まではASP(アフィリエイターと広告主を繋いでくれる会社)の担当者さんと打ち合わせ。扱っている広告に関する新しい情報を聞いたり、売れている案件(広告)について話を聞いたりします。

ほとんどのASPさんは東京に会社があるので、東京に行くタイミングで数ヶ月に1度くらいのペースで打ち合わせをすることが多いです。

15時〜:ノマド仲間とカフェで作業

同じような仕事をしているノマド仲間と、カフェで一緒に作業をしたり作ってるサイトをシェアしてアドバイスをし合ったり、ただただ雑談したりするゆるい時間を過ごします。

18時:夜ご飯

この日は韓国料理やさんを見つけて、ビビンバを食べました。東京や大阪出張の時は外食ばかりになってしまうので、食事のバランスが乱れがちになってしまいます。。

19時:新しいホステルにチェックイン

池袋にある「BOOK AND BED」という泊まれる本屋さんにきてみました。まさに本屋さんなみに本が置いてあり、ソファやベッドの上でも本をゆっくり読むことができます。

ゆっくりと本を読んだりPC作業をしながら、夜が更けていきます。。

24時:就寝

基本的に24時までには寝ています。この日は1日中外に出ていて、人にも会っていたのでグッスリ眠れました。

ノマドワーカーの1日のスケジュール(海外編)

ノマドワーカーの中には、年中海外にいるような人もいれば、私のようにふらっと海外に出かけて数週間〜1ヶ月単位で海外で生活をしている人もいます。

そんな海外での1日のスケジュールを紹介したいと思います。今回紹介するのは、私が海外の中でも一番大好きなタイのチェンマイでの1日の様子です。

ノマドワーカーも非常に多いチェンマイの土地ですが、全体的にゆったりした時間が流れていてその場で仕事をしていても、穏やかな気持ちで過ごせる不思議な街です。

8時:起床

チェンマイと日本では2時間の時差があるのですが、時差のせいかゆったりした雰囲気のせいか、チェンマイでは朝早く起きることができなくなってしまいます。。

この日はエアビーで借りたお部屋に泊まっていたので、午前中は部屋で仕事をすることに。

あわせて読みたい
チェンマイのニマンヘミンでAirbnb(エアビー)で部屋を借りてみた! チェンマイが大好きすぎて年に2回はチェンマイにきている山本です、どうもどうも。 いつもチェンマイではホテルを利用しているの...

8時半:仕事開始

部屋のデスクで仕事をしていると、あっという間に2〜3時間経ってしまうことがよくあります。

この日も気づけば11時をすぎていたので、出かける準備をします。

11時:ランチ

チェンマイにいる時もタイ料理1割、洋食2割、日本食7割くらい日本食を食べることが多いです。。特にチェンマイではオーガニックなお店も多いので、野菜がたっぷり摂れます。

この日のランチは、ベジタリアン向けのお店で日替わりランチを食べました。なんと、この内容で99バーツ(約300円)です!

物価の安いチェンマイでは。基本的に50〜150バーツ(150〜450円)くらいでお腹いっぱいの食事ができます。

12時:カフェで仕事

カフェでPCを広げて仕事を再開します。海外にいても、観光に行ったりすることはほとんどなく、常にカフェに入って仕事をしていることが多いです。

海外(特にチェンマイ)のカフェはWi-Fi、電源がほぼ100%で完備されていて、ノマドワーカーたちが常にカフェで仕事をしているような環境なので気兼ねなくカフェで長居ができる雰囲気です。

3時間ほど作業をしていたのですが、同じタイミングでチェンマイに来ていたノマド仲間と一緒に集まることに。けど、行き先はやっぱりカフェ(笑)

16時:ノマド仲間とカフェで集合

同じタイミングでチェンマイに来ていたノマド仲間とカフェに集合。3時間くらいおしゃべり&PC作業。

今回はWebデザイナー、グラフィックデザイナー、電子書籍をつくっている方と、自分の仕事内容とは異なる人だったので、話の内容もとても新鮮でした。

19時:夜ご飯

そのままミャンマー料理やさんで夜ご飯。ここもまた100バーツ(300円くらい)でお腹いっぱい食べれるので、チェンマイの物価の安さにいつも感動します( ;ᵕ; )

20時:夜カフェ&仕事

チェンマイでは夜遅くまで空いてるカフェや24時間やってるカフェ、コワーキングスペースもあります。

この日もエアビーの近くのカフェで21時くらいまで仕事をしてから帰宅。

22時:お風呂、ゆったりTIME

お風呂に入ったり、ストレッチをしたり、持ってきてる本を読んだりとゆっくりした時間を過ごします。またその日に撮りためたカメラの写真をPCに移して整理したりもします。

24時:就寝

海外でも、なるべく24時には寝るようにしています。ノマドワーカーはどれだけでも仕事ができてしまうので、部屋で仕事をし始めると1時、2時になってしまうこともたまにありますが、なるべく24時までには寝る生活を心がけてます。

👇どこよりも詳しい情報をまとめたチェンマイのガイドブックも作ってます!

NOMAD TRIP 観光一切なしのチェンマイ旅

NOMAD TRIP 観光一切なしのチェンマイ旅

山本ゆうこ
発売日:2018/07/17
Amazonの情報を掲載しています

👇ガイドブックの詳細はこちらにまとめてるので、ぜひCHECKしてみてください😊

あわせて読みたい
”観光一切なしのチェンマイ旅のガイドブック”をAmazonより出版しました!2018年7月19日(木)に「NOMAD TRIP〜観光一切なしのチェンマイ旅〜」というガイドブックを出版しました…!! 2014...

場所が変わってもやってることは変わらない

ざっとですが、ノマドワーカーとして仕事をしている私の1日のスケジュールを紹介しましたが、基本的に場所が日本でも海外でも基本的にPCを開いて仕事をしていることがほとんどです。

特に人に会う予定がない日であれば、朝から晩までPCに向かって仕事をしていて、「気づけば今日誰とも話してないかも…」なんて日もたくさんあります。。

ただ、私の場合はサイト作成の仕事が好きなので、朝から晩までずっとできることはとても幸せなことで、さらに大好きな場所を転々としながらできる今の働きをずっと続けていきたいなぁと思っています。

こうして移動をしながら仕事をしていることで、「世界中のノマドカフェを集めたメディアを立ち上げてみよう!」など、新しいアイデアが浮かぶこともあります。

場所が変わってもやることは変わらないけど、新しい発見や出会いがあったりそれが仕事に繋がることもあるので、ノマドワーカーという働き方はとっても魅力的だなと思います(*´ω`*)

▼こちらの記事では、0からでもノマドワーカーになるための方法をまとめています。

あわせて読みたい
0(ゼロ)からでも大丈夫!ノマドワーカーになる方法まとめ「旅をしながら仕事がしてみたい」 「一つの場所にずっといるのではなく、もっといろんな場所で仕事をしたい」 そんな風に考えている人...
Facebookグループ「55(ごーごー)倶楽部」

Facebookグループで、夢や目標に向けて走る仲間が集まる55倶楽部をつくっています。

自分自身の日々の行動量を上げるために、作業量と翌日の行動をコミットする日報を毎日投稿しています。また日報以外でも、サイト作成の中での気づきや旅先でのノマド事情についてもシェアしています。

主に投稿しているのは、下記のような内容です。

  • 毎日の作業内容(主にサイト作成)
  • 作成しているサイトのシェア
  • 外注マニュアルのシェア
  • サイト作成での気づきのシェア
  • 旅先でのノマド事情や生活事情

 

お互いに日報を報告しあったり、目標に向けて走る仲間を応援しあったりしているグループです。

55倶楽部の詳細はこちら