タイ

チェンマイで必ず行っておきたいコーワキングスペースはこの6つ。

山本ゆうこ
山本ゆうこ
「ノマドをするためにチェンマイにやってきたのだけど、コワーキングスペースってどこにあるのかなぁ?Wi-Fiの速度って早いかな?」

そんな、チェンマイでコワーキングスペースを探している人のために、チェンマイのコワーキングスペース事情とおすすめのコワーキングスペースを紹介したいと思います!

チェンマイは「ノマド天国」と呼ばれるほど、ノマドにピッタリ(Wi-Fi&電源完備)のカフェが多い街だといわれています。

そんなチェンマイですが、実はカフェだけではなくコワーキングスペースもとっても多いのです。

世界的にもリモートワークやノマドワークで仕事をしている人が増えてる中、ノマド天国のチェンマイにもノマド生活を送っている人たちの数は増えてきています。

そのため新しいカフェやコワーキングスペースがどんどんOPENしていますが、今回はチェンマイで実際にノマドワーカーにも人気&個人的に行ってよかったコワーキングスペースを紹介したいと思います。

チェンマイでコワーキングスペースを探している人は、ぜひ参考にしてもらえたらうれしいです!

チェンマイはクオリティの高いコワーキングスペースが多い

チェンマイはとにかくノマドワーカーにとって最高の街だと言われていますが、コワーキングスペースに関してもクオリティがとっても高いところが多いです。

チェンマイのコワーキングスペースの特徴をあげてみると、下記の4点があげられます。

  • Wi-Fi速度が早い
  • 電源コンセントが日本と同じタイプ
  • コワーキングスペースの空間が広い
  • デザインがおしゃれ

例えばWi-Fiに関してですが、カフェの数がとにかく多いチェンマイですが、基本的にWi-Fiの速度は安定しているものの、中にはネットサーフィンは問題なくてもWordPressに画像をアップロードするのに時間がかかるようなケースはあります。

その場合、どうしても画像をアップロードしないと作業が進まない場合(ブログとかまさにそう)、Wi-Fi速度の問題でカフェを移動しないといけないこともあります。

しかしコワーキングスペースであればWi-Fi速度が安定しているところが多く、チェンマイはどのコワーキングスペースでもWi-Fi速度はかなり早い方だと思います。

また何よりもうれしいのが、コワーキングスペースの空間が広いところが多いこと。

チェンマイは土地が広いこともあり、どのコワーキングスペースも広々とした空間があり、席と席の間隔も余裕をもったスペースがあるので快適に仕事を進められます。

また、どこも日本の最先端のコワーキングスペースと引けを劣らないオシャレさ…!

チェンマイでがっつり集中して仕事をしたい日は、ぜひコワーキングスペースの利用をオススメします。

チェンマイでおすすめのコワーキングスペース6選

では、そんなチェンマイに来たらぜひ行っておきたい”おすすめのコワーキングスペース”を紹介したいと思います。

小さいところを含めるともっと数はありますが、広々としたオシャレなコワーキングスペースであればこの6つを抑えておけば大丈夫です(`・ω・´)

  • おしゃれカフェが密集するニマンヘミンエリア
  • 寺院が点在する自然あふれる旧市街エリア
  • ナイトバザールにも近いピン川エリア

チェンマイの主要エリアは上の3つになりますが、それぞれのコワーキング名の後ろに地名もつけておきますので参考にしてみてください。

1)CAMP(ニマンヘミン)

まず紹介するのが、ニマンヘミンにあるコワーキングスペース「CAMP」です。

チェンマイのコワーキングといえばCAMPだろうというくらい、チェンマイにノマドをしにきたことがある人なら必ず訪れたことがあるのではないかというくらい有名なコワーキングスペース。

ニマンヘミンの中でも、シンボル的なMAYAショッピングセンターの中に入っているのでアクセスも抜群&レストランやフードコートも充実!

さらには24時間営業しているということもあって、ノマドワーカーにとっては最高の環境が整っています。

席数もかなり多く、テーブル席、カウンター席、ソファ席、小上がりになってるタイプの席さまざまです。

ただこれだけ席数があっても、現地のタイ人、欧米人ノマドワーカー、日本人ノマドワーカーなどにかなり人気のコワーキングスペースなので午後は満席になってしまうことも少なくありません。

というのも、CAMPは時間制のコワーキングスペースではなく、ドリンクを1杯注文すれば何時間でも利用できるシステムなので「CAMPに入り浸り族」がきっと多いのだと思います。

もしCAMPのWi-Fiを利用したい場合は、50バーツ以上(約200円)のドリンクを注文することで2時間分のWi-Fiパスワードをもらえます。

ただノマドとして滞在している人はSIMカードを契約しているので、そのSIMカードでテザリングを使ってネットも繋ぐことができますし、SIMカードの種類によってはAISスーパーWi-Fiという時間制限なく利用できるWi-FiがCAMPでも利用できます。

あわせて読みたい
チェンマイのSIMカードはAIS一択!無制限で1ヶ月1500円で利用できるよ。 チェンマイに初めて行く人は、チェンマイでのネット環境はどうすればいいのだろう?と疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。 ...

CAMPでは、ドリンク以外も食事メニューも豊富ですし、ショッピングセンターなのでレストランやフードコートも充実しているので、ランチや夕食もMAYAの中で済ませてしまえば危うく24時間CAMPでノマド…なんてこともできてしまいます(;`・ω・´)

席さえ確保できれば快適に利用できるコワーキングスペースなので、チェンマイに来たらまずはCAMPに足を運んでみてください。

あわせて読みたい
チェンマイで最もノマドが集まるコワーキングスペース!CAMPをオススメする6つの理由。 チェンマイはノマド天国と呼ばれるほど、Wi-Fi&電源コンセントが完備のノマドカフェが多いのですが、実はコワーキングスペ...
施設名CAMP(キャンプ)
住所Chang Phueak, ムアンチエンマイ チエンマイ 50300 タイ
アクセスMAYAショッピングセンター5階
営業時間24時間
定休日不定休

2)The Brick Space(ニマンヘミン)

2つ目に紹介するのが、ニマンヘミンの中でも少し外れの方にある「The Brick Space」です。

CAMPはアクセスも便利で利用料金も安いのですが、なんといっても人が多い。席が取れないこともあるし、人が多いと集中できないという人にはThe Brick Spaceがオススメです。

2016年に新しくオープンしたコワーキングスペースなので、施設内はキレイで新しいので快適に仕事ができる環境が整ってます。

広々とした空間を贅沢に使っているので、席と席の間隔にも余裕があります。

また椅子がメッシュタイプの高機能チェアーなので、長時間座ってても疲れないのがうれしいところ…!

また電源コンセント完備の一人用デスクなんかもあり、集中して仕事がしたい時にはピッタリです。

ミーティングルームもあるので、打ち合わせに使うこともできるし、スカイプなどで日本とのやり取りをする時なんかに利用してもよさそう。

またイベントカレンダーというボードがあり、The Brick Spaceではノマドワーカーのコミュニティイベントを開催したりすることもあるようなので、世界中のノマドワーカーと繋がりたい人はボードをチェックしておくとよさそうです。

ニマンヘミンの中でもかなり路地を入り込んだ場所にあるので、あまり知られていないからか人も少なくて穴場なコワーキングスペースなのかなと思います。

1日利用の場合は、250バーツ(約800円)。会員登録をすると1ヶ月利用の場合は1日163バーツ(約520円)と安くなります。

施設名The Brick Space(ザ・ブリック・スペース)
住所
アクセスシリマンカラジャン通りを入り込んだ場所にある
営業時間9:00~18:00
定休日不定休

3)Punspace Nimman(ニマンヘミン)

3つ目に紹介するのは、先ほど紹介したThe Brick Spaceから徒歩30秒の場所にある「Punspace Nimman」です。

Punspaceはチェンマイの中で2店舗あり、一つがニマンヘミンでもう一つは旧市街にあります。

どちらも欧米人ノマドワーカーに人気のようで、常に満席気味になってることが多いです。

入り口には大きな気がそびえ立っていてなんともいえない迫力を感じます。そもそもPunspaceの奥の屋根突き破ってるしなぁ(`・ω・´)

ちなみに入り口の前には中庭があり、仕事に疲れたらベンチでふぅっと休憩もできます。

そしてPunspace Nimmanの中はこんな感じになってます。

席数はそこまで多くない&月額契約をしてる人が多いので午後からは混み合うことも多いよう。

ちなみに月額契約をするとロッカーが月1,000バーツで利用できるみたいです。

クリエイター的な雰囲気の方も多くて、一瞬ロッチの中岡さんかな?と思う人もいました。

またPunspace Nimmanは2階席もあります。天井は吹き抜けになっているので、開放感もある…のかな?個人的には少し落ち着かない雰囲気で、リピートすることはなかったです(;へ:)

2階は主に月額契約してる人のオフィススペースやミーティングルームになってます。

別途料金でミーティングルームも利用できます。

1日利用だと229バーツ(約800円)、1ヶ月契約をすると3,499バーツ(約12,000円)と日本のコワーキングスペース並の料金形態です。

また月額契約をしていれば24時間365日利用できますが、1日利用の場合はスタッフさんがいる間(9時〜18時)のみの利用になります。

施設名Punspace Nimman(パンスペースニマン)
住所14 Siri Mangkalajarn Lane 11, Tambon Su Thep, Muang, Chang Wat Chiang Mai 50200 タイ
アクセスシリマンカラジャン通りを入り込んだ場所にある
営業時間9:00〜18:00(月額利用の場合は24時間)
定休日不定休

4)TCDC Chiang Mai(ピン川)

4つ目に紹介するのは、チェンマイの中でもピン川の近くにある「TCDC Chiang Mai」です。

国が運営している国立のコワーキングスペースということもあり、他のコワーキングスペースと比べると値段が格安です…!

旧市街エリアからタクシーまたはソンテウ(乗り合いタクシー)で10分くらいで到着するのですが、TCDC Chiang Maiは黄色い建物が目印です。

TCDC Chiang Maiの敷地はとっても広くて、緑いっぱいの環境に癒されます。

コワーキングスペースは2階にあるのでは、まずは受付をするためにも2階へ上がります。

かなりしっかりとした受付があり、パスポートを提出して名前を記入して受付が完了。

TCDC Chiang Maiは国が運営しているということもあり、パスポートの提出が必須になります。

受付が終わりコワーキングスペースに足を踏み入れてみると、目に飛び込んでくるのが奥行きと開放感がすごいこのスペーーース。

TCDC Chiang Maiではデザイン関連の本が数万冊に及び並んでいるようで、図書館のような雰囲気を感じます。

かなりいろんな種類の本や雑誌があるので、デザイナーさんなんかにはたまらない空間ではないかと(`・ω・´)

また本棚を挟んだ向かいにもスペースがあり、とにかく広々とした空間を贅沢に使っているのが伺えます。

中心部からは少し離れた場所にあるので、利用者もそこまで多くないので混み合うことなく、ゆったりと利用できるのもうれしいところ。

さらには通常ならありえあない年間600バーツ(約2,000円)で使い放題という破格のコースもあるというTCDC Chiang Mai。

これも国が運営しているからこそできる技(`・ω・´)1日利用も100バーツと他のコワーキングよりもかなり安く利用できます。

安く利用できる&広々とした空間&オシャレなコワーキングスペースを探している人は、TCDC Chiang Maiがとっっってもオススメです!

あわせて読みたい
年間600バーツで使い放題!チェンマイのTCDCはオシャレで快適なのに格安すぎる。 そんな人に紹介したいのが、チェンマイでも最も安く利用できる「TCDC Chiang Mai」です。 日本のコワーキングスペ...
施設名TCDC Chiang Mai
住所1/1 ถนนเมืองสมุทร ตำบลช้างม่อย เมือง Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50300 タイ
アクセスターペー門から徒歩15分、タクシーで5分
営業時間10:30〜18:00
定休日月曜日

5)Punspace Tha Phae Gate(旧市街)

最後に紹介するのは、旧市街にあるコワーキングスペース「Punspace Tha Phae Gate」です。

ターペー門から徒歩5分とアクセスがとっても便利なので、ターペー門周辺に滞在する人には通いやすいコワーキングスペースです。

大通り沿いから少し入り込んだ場所にあるPunspace Tha Phae Gateですが、真っ白の建物が目印です。

受付は2階にあるので、スロープになっている道で2階まで上がります。

Punspaceは先ほど紹介したように、ニマンヘミンにももう1店舗ありますが、Punspace Tha Phae Gateはまたガラッと雰囲気が変わります。

扉を開けるとかなり横幅が広く天井の高い開放的な空間が広がっています…!ニマンヘミンのPunspaceよりも個人的にはこっちがとても好み。

席と席の間隔が広いので、パーソナルスペースが広い私にはとてもありがたい🙏

天井が高いこともあり、とにかく開放感のある空間。

みんな集中してPCに向かってるので、ここのコワーキングスペースは仕事がとっても捗りそう(`・ω・´)

窓際席もあるので、気分によって席を変えてみてもいいかもしれません。

メッシュタイプの高機能チェアーもあるのはうれしいいい!

また簡単なキッチンや冷蔵庫があり、おそらく月額契約をしている人が使えるのではないかなぁと思います。

Punspace Tha Phae Gateはニマンヘミンの店舗と同じく、1日利用は229バーツ(約800円)、1ヶ月契約をすると3,499バーツ(約12,000円)の利用料金です。

また月額メンバーは24時間365日利用できますが、1日利用の場合はスタッフさんがいる間(9時〜18時)のみの利用になります。

ちなみに会員登録をすると、旧市街とニマンヘミンのどちらの店舗も同じ条件で利用できるようになります!旧市街とニマンヘミンどちらにもよく行く人は、Punspaceに契約をしておくと便利かもしれません٩( ‘ω’ )و

施設名Punspace Tha Phae Gate(パンスペースターペーゲート)
住所7/2 Rachadamnoen Road, Soi 4, Prasingha, Muang, Chang Wat Chiang Mai 50200 タイ
アクセスターペー門より徒歩5分
営業時間9:00〜18:00(月額利用の場合は24時間)
定休日日曜日

6)Punspace Wiang Kaew

これまでニマンヘミンと旧市街(ターペー門近く)のPunspaceを紹介してきたのですが、2018年に旧市街にもう一つ新しいPunspaceがOPENしました。

それが、Punspace Wiang Kaewです。

旧市街の北側にあるPunspace Wiang Kaewで、敷地内もとっても広く仕事の合間に気晴らしで庭でゆったり…なんてこともできます。

他のPunspace Wiang Kaewと同様に、月契約をしている人はロッカーが利用できます。料金形態も他のPunspace Wiang Kaewと全く同じ。

まだOPENして日が浅いせいか、他のPunspaceよりも空いてるので、ちょっと穴場感があります。

キッチンスペースもあり、コーヒー、紅茶やちょっとしたお菓子も用意されています。

また周りにはカフェやレストランもいくつかあるので、1日中ガッツリ仕事がしたい時にはPunspace Wiang Kaewを利用するのもよさそう。

Punspaceの椅子は高さが自由に調整できて、さらには長時間座ってても疲れないメッシュタイプなのもうれしいところ。

電源コンセントも各席に配置されています。

全体的にオフィスっぽい雰囲気なので、集中して仕事をしたい人にはPunspace Wiang Kaewはおすすめです!

施設名Punspace Wiang Kaew(パンスペースウィーンカウ)
住所10 Wiang Kaew Road, Sri Phum, Muang, Chiang Mai 50200
アクセスチャーン・プアック門より徒歩5分
営業時間9:00〜18:00(月額利用の場合は24時間)
定休日日曜日

山本ゆうこ
山本ゆうこ
以上、「チェンマイでここは抑えておきたい!」というコワーキングスペースの紹介でした。どこも日本並み、いやそれ以上?にクオリティが高いところばかり。

チェンマイにくると仕事が捗るのも、カフェやコワーキングスペースのクオリティのおかげ。本当にチェンマイはノマド天国だ🙏

👇どこよりも詳しい情報をまとめたチェンマイのガイドブックも作ってます!

NOMAD TRIP 観光一切なしのチェンマイ旅

NOMAD TRIP 観光一切なしのチェンマイ旅

山本ゆうこ
発売日:2018/07/17
Amazonの情報を掲載しています

👇ガイドブックの詳細はこちらにまとめてるので、ぜひCHECKしてみてください😊

あわせて読みたい
”観光一切なしのチェンマイ旅のガイドブック”をAmazonより出版しました!2018年7月19日(木)に「NOMAD TRIP〜観光一切なしのチェンマイ旅〜」というガイドブックを出版しました…!! 2014...
Facebookグループ「55(ごーごー)倶楽部」

Facebookグループで、夢や目標に向けて走る仲間が集まる55倶楽部をつくっています。

自分自身の日々の行動量を上げるために、作業量と翌日の行動をコミットする日報を毎日投稿しています。また日報以外でも、サイト作成の中での気づきや旅先でのノマド事情についてもシェアしています。

主に投稿しているのは、下記のような内容です。

  • 毎日の作業内容(主にサイト作成)
  • 作成しているサイトのシェア
  • 外注マニュアルのシェア
  • サイト作成での気づきのシェア
  • 旅先でのノマド事情や生活事情

 

お互いに日報を報告しあったり、目標に向けて走る仲間を応援しあったりしているグループです。

55倶楽部の詳細はこちら